苦しいPMSといった生理痛に悩まされる例年だ

眠気が恐ろしい、頭痛がする…。カレンダーを確認して、嘆声を一環。きつい機会の初めだ。

自分がPMSって月の物痛に悩まされるようになったのは、30代下部になってからです。それまでは、PMSも月の物痛とも無縁の暮らしで、月の物中にわずらわしさを感じるほどでした。
お産見聞きは、2回あります。

40年代の時に、お母さん科で子宮頸がん検診を受けた際に先生に月の物痛のことを協議しました。その時に探索リストを記入した数値、PMSといった月経繁雑症といった受診されました。

そうして、低キャパシティーピルの服薬による治療を求められ、ちょっと悩んだ数値治療を始めることにしました。低キャパシティーピルは、日毎忘れずに飲まないといったいけません。持病の薬も日毎服用していたので、呑み忘れ去ることはありませんでした。

低キャパシティーピルの呑み始めは、不法出血が起こる場合があると聞いていましたが自分にもありました。心配ないと言われてましたが、度数や数量が多い時には医者に電話をして協議しました。

呑み続けていくうちに、月の物痛は軽くなったように思います。ただ、不法出血の他にも頭痛や吐き気などのリアクションが辛かったので、先生に協議を通じて薬の服薬を断ち切ることにしました。

それからは、PMSが始まるというハーブティーを飲んだり、ストレッチングをしたりしてできるだけリラックスするようにしています。また、月の物痛が重い時折鎮痛薬を飲んで横になるようにしています。

可能な時折、毎日何もしない日を作って不愉快外観をやり過ごすようにしています。後でもう少しは月の物が貫くと思います。しんどいけど、どうにか外観を緩和して月の物というかしこく付き合っていこうと思います。肌に合わない化粧品を使い続けると、最悪、肌に炎症が起きることも。